So-net無料ブログ作成

国井栄之 おすすめスニーカーとは [耳より芸能]

スニーカー業界では世界的に有名な国井栄之さんが登場。ナイキ!アディダス!プーマ!コンバース!リーボック!アシックス!ニューバランスなど3000足のスニーカーを履いて来た人物です。


Sponsor








国井栄之のプロフィール
◎名前:国井栄之(くにい しげゆき)
◎生年月日:1976年4月12日
◎職業:クリエイティブディレクター
◎所在:東京都
◎勤め先:mita sneakers ( ミタ スニーカーズ )

東京都の在住で、上野の「mita sneakers ( ミタ スニーカーズ )」でさまざまなスニーカーブランドとのコラボレーションデザインやショップ展開など、スニーカーに関するプロジェクトを携わっています。国井栄之さんは、靴の世界では特に有名で、各社の靴についても多くの知識を持っているため、ニューバランス、ナイキ、オニツカタイガー、アディダスなど、多くの人が履いている有名ブランド靴やスニーカーを共同開発しています。(「mita sneakers ( ミタ スニーカーズ )」はスニーカー専門店でありデザインから販売まで一括して運営しています。東京上野のアメ横センタービルに入っているお店で、定休日は第3水曜日、営業時間は11:00~19:30まで)


スニーカーとは?


スニーカーは、布製のゴム底の運動靴の一種であり、現在では運動の場面だけでなく、ファッションとしても取り入れられています。足を覆う部分を、柔らかい革や人工素材で覆い、靴底は地面との摩擦を最適に保つためにラバーを使用し、足首や甲を補強するヒモやストラップが装備されているものが多く存在します。また、汗や消臭機能、通気性など利便性を高くしてあるものまで登場しています。


画像
販売価格¥ 11,000(税抜)
1993年にリリースされ、当時としては最新技術であった「PU(ポリウレタン)コア」に「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」で包み込んだ「ENCAP(エンキャップ)」構造を組み合わた「一体成型ミッドソール」を採用する事により、タウンユースでも実用的な機能として作用し高水準の「安定性」を実現した「530」。

国井栄之さんが名づける靴名の由来はバイク


様々なプロジェクトに関わり、世界中のスニーカーフリークを熱狂させている国井栄之さん。そのデザインし開発した中でも話題になっているのが「ZX 8000 MITA」。名前は、カワサキのバイクから来ているそうです。国井栄之さんは、16~19歳の時に、車のレースをやっていたそうで、レース時には、レーススーツを着て、レーシングシューズを履きますが、このシューズに搭載されたさまざまな機能に興味を持ったそうです。そしてスニーカーの構造を調べたら、車の構造と同じようだと感じて、更に興味をもつことになりました。1996年に現在のミタスニーカーズの入社試験に応募します。入社前に、別の靴屋でアルバイトして入社式に臨み、本命の面接では「前に靴屋で働いていた」と言い、見事採用されます。このため、国井栄之さんが生み出すスニーカーには、バイクや車の技術がたくさん応用されていると考えても良いかも知れませんね。


画像
販売価格¥ 14,000(税抜)
「adidas」が誇る最新テクノロジーを結集させ各カテゴリーのトップモデルに与えられた称号「EQUIPMENT(エキップメント)」シリーズよりリリースされた名機「EQT SUPPORT RUNNING(エキップメントサポートランニング)」のオリジナルカラーからインスパイアを得て現代的に再構築。更に今作の「インソール(中敷き)」には日本企画である証しとして"日章旗"から着想を得た"日の丸"の"円"を"ヴァイナル盤"で表現し、「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」と融合させた「オリジナルグラフィック」を採用。


基本的な設計が古いスニーカーを現在風にアレンジし直したモデルで、アディダスのランニングシューズ「EQT SUPPORT RUNNING」をモチーフに、特に配色と素材には拘った一品は、スニーカーの王道を行くデザインと、現代に合うファッション、そして機能性の良さそうな外見が特徴です。



Sponsor








nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。